loading

コラム Ideal Environment

ThinkPad T480

2018-11-03
イメージ画像

PCはWindows+ノートPC(ThinkPad)です。
色々と異論があると思いますが、ここに至るまで色々とあった上でのコレです。

まず、OSについて。WindowsかMacの選択肢がありますが、ビジネス用途で考えるとWindows10一択です。 あーだこーだ思う所はあるでしょうけれども、日本のビジネス環境で考えるとWindowsの方がシェアが大きいのが最大の要因です。ウチで開発しているのはWEBシステム(いわゆるクラウド専門)なので、OSは関係ないのですけど お客さんの端末触る機会もちょいちょいあり、そうなるとMac慣れしているよりWindows慣れしている方が有利な事が多いといえます。

デザイン専門の業者さんとかはMacしかない、という所は多く、ソチラの業界オンリーであればMacで良いとは思いますが WEBメインならWindowsの方がよろしいですし、マシンや環境をキチンと組めば、PhotoshopやIllustratorもサクサク動きます。むしろモニタやペンタブに投資すべきかと。

次に筐体。打ち合わせなどの外出時と作業時にマシンが変わるのがストレスが大きく、ノート一択となりました。 データの保存やキーボードの事を考えるとタブレットという選択肢も無しで、マシンパワーがある+大きすぎない、カスタマイズ出来るとか堅牢性とかで、LenovoのThinkPadという結論に。
あと、ThinkPadのトラックポイント。慣れるとコレのある無しは非常に大きいです。最近はあんまりやりませんが、電車内膝の上とかで威力を発揮しますwスペース無くてもマウス操作、タイピングのポジションを崩す事無くマウス操作。余談ですがタッチパッドは殺してあります。

ThinkPad内でも色々と検討した結果がT480です。

Amazonのリンク貼っててアレですけどLenovoで直接買わないとカスタマイズできません。
さらに、貼ってあるリンクはThinkPad T480sです。(ちょい軽いけどちょい性能劣るバージョン)
直販は大体、中国発送とかなので早くて2週間から1ヶ月ぐらいはかかります。

T480はちょっと重いですが、コレよか小さいヤツだとスペック的に不十分です。逆に大きいやつだと持ち運びが非現実的で、それならディスクトップでええやんけとなります。
ThinkPadのフラッグシップ、Xシリーズという選択肢もありますが、これらはカスタマイズの幅が狭く(2018年春頃の時点で)メモリ16GBまでとかデュアルバッテリー選べないとかの弱点が。
ベースモデルを大きくカスタマイズして、

  • CPUは一番いいやつ。core i7。
  • メモリ32GB
  • SSDは128GBと512GBのデュアル
  • グラボは一番いいやつ
  • バッテリーもデュアル。3セルと6セル(2種類あって良い方)
  • モニターはノングレアのフルHD。

ここまでやっとけば、Photoshopとかも快適に動きます。Photoshop含めて常時7~10種類ほどのソフトをマルチタスクで動かしてますが、余裕でスイスイ動きます。

A4サイズのノートPCで1.4kgぐらい。ギリギリ、携帯できるサイズです。デュアルバッテリーは満充電から10時間以上、連続稼働が可能で打ち合わせ時とかに持ってこいなのですが、重量がちょっと重くなるのと後ろ側がちょっと出っ張ります。 コレが結構難点?で、A4ノートPC用インナーバッグとか普通のA4ノート納まりますよカバンだと「ちょっとキツイ」です。ピッタリ気味のインナーとかでしたらたぶん入らない。
モニターはより上位のやつありますが、タッチパネルは使いませんしサイズも私的にはフルHDがベストバイです。理由はモニターの「解像度」に書いてありますのでソチラを参照してください。

キーボード

イメージ画像
ThinkPadトラックポイントキーボード、USB有線タイプ。
外出時以外は後付キーボードを使用しています。主な理由はノートPCそのものの位置というか距離の問題(詳細は「デスク」をご一読ください)と、ノートPCのキーボードを長持ちさせる為。
2018年11月現在、新品で買えるトラックポイント付きの外付けキーボードはこのタイプしかありません。古いタイプ(パームレスト付きとかフルサイズ)の方が良いという方も多いですが、まぁ慣れます。それとノートPCのキーボードと配列が同じなのもポイントです(外出時にも違和感なく使える)
このキーボード、Bluetoothの無線タイプもありますが(実際に試した結果)、接続がちょっと不安定、充電時に有線→繋ぎっぱなしでええやんけ、トラックポイントの感触が有線と比べるとちょっと違う、半額ぐらいで買えるという理由でUSB有線タイプがベストバイです。
ドッキングステーションにUSBを接続し、L字型のUSBケーブルにする事でノートPCとの位置(距離)に余裕を持たせ、ドッキングステーションとPCの下にスキマが出来るのでそこをくぐらせています。
まぁ、下をくぐらせるのに深い理由はありませんけどね。。

余談ですが。Bluetoothで接続するタイプは、有線は充電用で、Bluetoothの受信機能がない端末では使えません。逆に言うと、受信機能があれば端末を選ばず使えます・・・試しにiOS(iPhoneやiPad)に繋いでみましたがキーボードは普通に使えました。が、流石にトラックポイントは使えませんでしたw
で、今回の追記のついでにPS4と繋いでみましたが、これまた普通に使えました。・・・が、トラックポイントはやっぱり動かなかったですw
そもそもPS4でマウス自体が、専用のコンバータが必要みたいですし、トラックポイント用のドライバが必要なのでしょうけど流石にPS4には対応していないでしょう。。
調べてみましたが、コレに挑戦した猛者はいないみたいです。

マウス

イメージ画像
Logicool M500 レーザーマウス。
反応とかの加減で有線派なのとやっぱりレーザー良いよね、大きさとかは普通ぐらいがよい、シンプル目なデザイン・構成がよいといった要望を満たした奇跡wの一品。しかも安い。
レーザーのマウスでは最安値クラスではなかろうか。外出時は基本トラックポイントなのですが、出先で多少、作業が入る事が想定される場合用に2個持ってます。
小さいのやら無線のやら試しましたがコレが最強でした。慣れの問題も大きいとは思いますけどね。

余談ですがマウスパッドはサンワサプライのMPD-MU1NBK。比較的安くて大きすぎず、小さすぎずなかなか良いです。

オマケ Logicool K740
M500とキーボードセットで売ってるK740も持ってたりしますが、コレも良い製品です。
キーボードも色々と試して、最終的にトラックポイントキーボードに落ち着きましたが、その前はコレが私的に最高でした。たぶん、パンタグラフ式のキーボードで、フルサイズで、触感がよく、有線なので電池切れの心配もない。どうしてもフルサイズ、ってならお勧めです。


コラムTOPに戻る

TOPに戻る