loading

コラム Ideal Environment

液晶ペンタブレット

2018-11-07
イメージ画像

ペンタブ(ペンタブレット)とはどういうものか、という人にとってはそもそも不要なものなので本記事スルーでOKです。
ペンタブはいろいろ試してきましたが、結論としてはWacom最強です。DELLの大型PCとかでペンタブっぽいやつもありますが、タッチパネル+ペン的なPCのほとんどにWacomの技術が使われているそうです。
昔は板タブを使っていました。液タブ(液晶ペンタブレット。画面に直接「描く」タイプ)は、昔は反応速度の問題などが有りましたが、現在は価格さえ折り合いがつくなら、液タブの方が絶対良いです。
Wacomの液タブには今は大きく2種類存在します。ます。
一つは、CPU内蔵というかコンピュータと一体型の液タブです。
もう一つは、CPUなどを内蔵していない、外付けモニター的な液タブです。
デザイン、イラストメインのお仕事の場合は前者がお勧めですが、私の場合はデザイン仕事の比率は低いので後者のタイプにしています。

Wacom Cintiq

Wacom CintiqにはProと無印の2種類がありますが、無印は基本、ちょっと古いモデルです。Proは32、24、16、13の4種類、私が所有しているのは16です。
32と24は、CPU内蔵タイプで16と13は外付けモニタータイプです。 液晶タブレットとしての違いは大きさ。ペンタブとして利用する際に、大きい方が描きやすいというアドバンテージがありますが、ぶっちゃけて言うと差はそれだけ、です。
利用頻度が高く、毎日使うレベルの場合は大きいものの方(32か24)が良いですが、それほどの頻度ではない場合は16、13でも良いと思います。
個人的には、16でもちょっと大きい…13でも良かったような気がしています。ペンタブとして使用しないときは外付けモニタとして利用できるかな?と考えていましたが、結論的にはあんまり使えません。TVをモニターとしているような、なんとも言えない違和感があります。。。解像度とか発色とかではない、感覚的なナニカですが。
13以外は4K対応ですが、16で4Kはあまり意味がないように感じます。解像度高い画像を取り扱う場合はPCにも相応のスペックが要求され、そのサイズの容量となると通信環境にも影響が出ます。
そういった事が要求されるデザイン仕事自体、今の所出会ったことがないので・・・。今後はあるかもしれませんけどね。
少なくとも「外付けモニター」的に4Kを使うと、通常のWEBだと文字が小さすぎて読めなくなります。
24でも微妙で、32以外は4Kは、あまり意味がないような気がします。
あと、自前の足では40度ぐらい角度がつく程度なので、「立てて」使う場合は別途台を買わないといけません。
24、32は専用スタンドがあるので、コレも買ったほうがよさそうです。
Wacom Cintiq

Wacom MobileStudio

CPU内蔵型の液タブ。
要するに、Wacom Cintiq Pro16、13のCPU内蔵タイプ、と言った所です。
ノートPCというかタブレットというかの液タブ版のようなものですが、携帯端末としては16だと2.2kg・・・重すぎます。13なら1.42kg、ギリギリでしょうか。
そもそも論として、液タブを外で使うという事があるのかという問題があり
13の128GB(一番安いやつ)でも18万オーバー…正直な所、iPad Proの方が良さそうな気がします。
Wacom MobileStudio

Wacom ExpressKey

Wacom Cintiqは物理ボタン付きですが、Wacom Cintiqは物理ボタンがありません。
コレを増設するオプションなのですが・・・ぶっちゃけ、無きゃないで問題ありません。。
そもそも私の所有しているWacom Cintiq Pro 16(と13)は、別にPCがなければ動きませんので、PCのキーボードとかがあるはずです。
それを使えば、ショートカットキーが無くても大丈夫です。逆にCPU内蔵(PC一体型)の32、24の場合はある方が良いかもしれません。

ドッキングステーションの欄で書きましたが、ThinkPadのドッキングステーションに対応しておらず、T480の場合は直接付けないといけません。
なんというか、ノートPCを充電しながら使う事が「できない」という・・・コレはどちら(PCなのかタブレットなのか)が悪いのか、正直良くわかりません。。


コラムTOPに戻る

TOPに戻る